0.すべて

ディズニーランドのパレードの正面からの撮影と機材

ディズニーランドで見るパレードではなかなかキャラクターと向き合えません。でも場所により真正面から見ることができてこちらを見てくれる状況になります。撮影をするにはできる限り望遠の撮影ができるカメラとレンズが必要です。ぜひ試してみてください。
0.すべて

LEICA(ライカ)の望遠レンズELMARIT 90mm F2.8 1stのご紹介

ライカのエルマリート90mmはオールドレンズ特有のコントラストの薄さを持ったレンズです。でも解像度はすごく高くミラーレス一眼にアダプタを使用して使う人もいるくらいです。コンパクトなのに明るいレンズで使いやすいレンズのご紹介です。
0.すべて

とても高性能なMFレンズCarlZeiss Distagon T* 2/35 ZE

CarlZeissのDistagonの35mmレンズです。純正レンズにも35mm F2のレンズがありAFや手ぶれ補正もついています。MFで重く値段が高いなど欠点に見えますが、撮影した写真を見るとすぐに同等以上だと思うようになります。そんなレンズのご紹介です。
0.すべて

CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZE の悪い部分を改善します

CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZEはF値や明るさによって大きく表現が変わる癖があるレンズです。絞り開放付近で被写体の周りに紫色や緑色の縁取りが出るパープルフリンジが残念です。L41のUVフィルターを使って改善するおはなしです。
0.すべて

カメラのAF性能で最高の中央1点AF

カメラの性能が良くなりAFも広い範囲で詳細に設定できるようになりました。でも最高の性能を発揮するのは中央の1点のAFポイントです。中央1点だけ使うのは撮影の腕も必要です。どんなカメラでも上手に撮影できるように中央1点AFを使ってみましょう。
0.すべて

カメラの故障と故障しても撮影する予備対策

カメラの故障についてあまり考えませんが可能性はあります。写真を撮るという重要な時のものですので故障して撮影できないと悲しいです。コンデジならもうひとつ、一眼カメラなら中古でも予備機があるといいですね。故障の種類からご説明していきます。
0.すべて

純正にはないF値固定のTOKINA AT-X 12-28 F4 PRO DX

TOKINAは広角レンズを多く発表しています。APS-C用のレンズもあり純正にはないF値固定のレンズがあります。ズームをしてもF値が変わらないレンズは高級レンズです。TOKINAのすばらしい写りを体感してみてください。
0.すべて

雨の日にしか見られないパレード「ナイトフォールグロウ」

雨の日のディズニーランドは残念に思ったりします。でも夜になると特別なパレードを見られるかもしれません。雨の日限定のナイトフォールグロウはいつもと違う衣装やフロートでおしゃれに楽しめます。撮影もきれいにできる方法をご紹介しています。
0.すべて

「ななめから撮影」することで表現力アップ

写真撮影をしていると立体感の表現に苦労することがあります。2次元である以上立体感はむずかしいです。そんな時には正面からではなくななめから撮影してみましょう。予想以上の立体感がうまれます。どちらも撮影して見かえしてみると分かりやすいと思います。
5.0カメラ

クラシックカメラがモチーフのFUJIFILM X-T1

FUJIFILMのカメラはAPS-Cのミラーレス一眼です。クラシックカメラと同じ操作のため昔の人も安心です。新機種が発売されてもファームアップを提供してくれるところに安心感がります。長く使い続けられるすばらしいカメラだと思います。