0.すべて

ゴミを宝石に変えるアンジェニューのレンズ

レンズの歴史の中ですばらしいレンズを作成したメーカーは広く知られるはずです。アンジェニューもすごい結果を残したメーカーですが今では知る人はほとんどいません。スチルカメラのレンズを作り続けていたらもっと知られていたことでしょう。隠れた名メーカーのご紹介です。
0.すべて

FUJIFILMならではの単焦点レンズ XF18mm F2 R

FUJIFILMのXF18mm F2 Rの紹介です。世間の評価では周辺が甘いと言われてしまうレンズですが、撮影の方法は他にもあり、実際は寄れて明るいすばらしいレンズです。もし興味がありましたら寄ってぼかした表現を味わってみましょう。
0.すべて

夜を見た目以上の明るさで撮影すること

みなさん夜の撮影はいかがでしょう。忠実な標準露出で撮影してみると見たままの写真にはなっていますが少しさみしいです。少し明るめに撮影してみましょう。今まで見えなかったところも明るく見えるようになります。現実よりもよく見える撮影も参考にしてみてください。
0.すべて

フィルムカメラでエレクトリカルパレード撮影

フィルムカメラでエレクトリカルパレードを撮影してみたいと思います。夜の撮影はむずかしくフィルムだとさらにむずかしいと思いがちですが、説明を見ながらならすぐにできるかもしれません。明るいレンズとフィルムカメラを手に入れることからはじめてみましょう。
0.すべて

なんでも操作できるQボタンと必要な項目を集約できるマイメニュー

カメラの操作に慣れてくると設定する場所が多くなってきます。CANONのカメラではそんな時にQボタンを使用します。ほとんど操作が可能ですがそれ以外にも必要な項目はマイメニューに選んで登録できます。メニューの中の必要な機能をすぐ使えますのでぜひ活用しましょう。
0.すべて

あまり見かけないフィルムカメラ Wirgin EDIXA FLEX

ドイツの古いフィルム一眼レフWirgin EDIXA FLEX / REFLEXのご紹介です。フィルムカメラでさえあまり見かけませんがさらに数が少なく見かけないカメラのご紹介です。1950年代のカメラですがおしゃれな見た目ととてもよい機能を持っています。
0.すべて

ティンカーベルとシャンデリアの撮影

ディズニーリゾートではティンカーベルの像がいくつもあります。その中でもとても豪華なディズニーランドホテルの中にもいてシャンデリアといっしょに撮影すると大きなぼけと幻想的な写真を撮ることができます。一眼カメラを持っていたらぜひ撮影してみましょう。
0.すべて

東ドイツで作られたPRAKTICA4というフィルムカメラ

デジタルカメラ主流の現在でもフィルムの写真も大切です。操作がむずかしいと思われがちですが、決められたルール通りに行うと苦労はしますが失敗は少なく撮影できると思います。とても良いドイツの一眼レフPentacon PRAKTICA4のご紹介です。
0.すべて

MFを活用するホーンテッドマンションの撮影

みなさんホーンテッドマンションにはいったことがありますか?開園からあるアトラクションで基本的に内部のしくみなどが変わっていないとされる歴史あるアトラクションです。動くうえにとても暗いアトラクションですが上手に撮影できるおはなしをしてみたいと思います。
0.すべて

落とし物の対応とはやく見つける方法

みなさんパークで落とし物をした時はどうしますか?落とし物センターへ届け出をしますね。でもその前にすべきこととできることがあるんです。落とし物はしたくないですが落とした場合を考えて特徴があるものや名前が書いてあるといいですね。きっと戻ってきます。