カメラの設定

0.すべて

CANONの2種類のライブビューのオートフォーカス

CANONの一眼レフには2種類のライブビューのAFがあります。今までの遅いコントラスト方式と高速なデュアルピクセルCMOS AFという1画素が2つに分かれて像面位相差AFをする方式です。このライブビューの良さをお知らせしてみたいと思います。
0.すべて

写真の色合いに困ったらピクチャースタイル変更

CANONのカメラではピクチャースタイル、NIKONではピクチャーコントロールという名前で忠実設定やフラットなどの項目を選択することで色の表現ができます。この機能で写真の表現が大きく変わります。ぜひマニュアルで試してみましょう。
0.すべて

カメラに露出を操作されないMモード(マニュアル露出)

撮影モードのMは上級者のモードに思われがちですが撮影を続けていくといつかはたどり着くモードです。もちろんすべてマニュアル設定で露出を決める必要があります。カメラに露出を決められることがなく気持ちよく撮影できるモードになります。ぜひ使ってみましょう。
0.すべて

応用撮影モードの基礎のPモードのご紹介

入門機にはシチュエーションに特化したカメラの操作をオートでしてくる簡易撮影モードがありますが、撮影の設定を自分で行うには応用撮影モードが必須です。その中でもF値とシャッター速度だけカメラが決めてくれるPモードのご紹介です。
0.すべて

絞りを設定してぼけなど表現をするA,Avモード

応用モードのひとつで絞りを設定して撮影の幅を広げるA,Avモードのご紹介です。F値を設定することによってぼけなど思い通りの写真にすることができます。F値とシャッター速度の関係を覚えることも大切でこのモードに慣れれば上級者の仲間入りです。
0.すべて

なんでも操作できるQボタンと必要な項目を集約できるマイメニュー

カメラの操作に慣れてくると設定する場所が多くなってきます。CANONのカメラではそんな時にQボタンを使用します。ほとんど操作が可能ですがそれ以外にも必要な項目はマイメニューに選んで登録できます。メニューの中の必要な機能をすぐ使えますのでぜひ活用しましょう。
0.すべて

ISOオートを使用するための大切な設定

ISOオートはとても頼れる機能です。でもただオートにするだけでは機能が活かしきれません。範囲の設定や組み合わせるモードを撮影する被写体や状況をもとに選択する必要があります。オート機能は優秀ですが撮影者が制御してよりより撮影ができるようにみていきましょう。
0.すべて

撮影に集中できる「おやゆびオートフォーカス」のおすすめ

オートフォーカスは自動でピント合わせをしてくれるのでとてもいいですね。さらに動きものなどの良い写真を撮るためにおやゆびAFをおすすめします。シャッターボタンでピント合わせをしていた今までよりもシャッターチャンスに強くなること間違いなしです。
0.すべて

カメラに標準でついているフラッシュのご説明

みなさんフラッシュは活用していますか?夜であっても使用しないという方も多くいらっしゃいますが、フラッシュを使用すると表現に幅が出てよりよい写真を撮ることができます。標準でついているフラッシュを使用してみましょう。昼間でもフラッシュは大切ですよ。
0.すべて

ぼけの変化とF値・撮影距離・背景の関係

ぼけの変化を最短撮影距離に近い被写体と被写体から10cmずつの背景と50cmの背景でF1.4からF16まで撮影しました。F値の変化によるぼけと「撮影距離」や「背景までの距離」について説明しています。ぼけを撮影に加えて撮影の幅を広げてみましょう。