8.撮影

0.すべて

「ななめから撮影」することで表現力アップ

写真撮影をしていると立体感の表現に苦労することがあります。2次元である以上立体感はむずかしいです。そんな時には正面からではなくななめから撮影してみましょう。予想以上の立体感がうまれます。どちらも撮影して見かえしてみると分かりやすいと思います。
0.すべて

明るさを変えて撮影できる露出のブラケット

シャッターチャンスを増やしたい時には連写を想像しがちです。固定の明るさならそれでもいいのですがすぐに画像が必要な時などは複数の明るさの写真が欲しくなることがあります。そんな時に今回ご紹介する自動露出ブラケット機能が役に立ちます。
0.すべて

夜を見た目以上の明るさで撮影すること

みなさん夜の撮影はいかがでしょう。忠実な標準露出で撮影してみると見たままの写真にはなっていますが少しさみしいです。少し明るめに撮影してみましょう。今まで見えなかったところも明るく見えるようになります。現実よりもよく見える撮影も参考にしてみてください。
0.すべて

フィルムカメラでエレクトリカルパレード撮影

フィルムカメラでエレクトリカルパレードを撮影してみたいと思います。夜の撮影はむずかしくフィルムだとさらにむずかしいと思いがちですが、説明を見ながらならすぐにできるかもしれません。明るいレンズとフィルムカメラを手に入れることからはじめてみましょう。
0.すべて

写真の表現のはばが広がるローアングル撮影

写真の撮影は立って撮影することから覚えますが、低い位置から撮影することで写真表現のはばが倍以上になります。建物が大きく表現できたり背景を広くとることができます。いつも同じような写真になってしまうと思ったら低い目線から撮影してみましょう。
0.すべて

カメラで被写体を追う「流し撮り」

カメラは静止画ですが動きを表現することができます。シャッター速度を遅くすることで動きを出します。そのなかで被写体に合わせてカメラを動かし周囲を動かす表現の流し撮りのご紹介です。高度な技術ですが成功するとうれしくすばらしい写真が撮影できます。
0.すべて

逆光のときに暗くなる理由と撮影方法

撮影時に正面から強い光の場合があります。逆光といいますが撮影すると真っ暗になってしまうことがあります。半オートモードのときにおこります。なぜ暗くなってしまうのか、それに対応する方法をご説明しています。理由と対策がわかれば簡単です。逆光撮影がんばりましょう。
0.すべて

ぼけの変化とF値・撮影距離・背景の関係

ぼけの変化を最短撮影距離に近い被写体と被写体から10cmずつの背景と50cmの背景でF1.4からF16まで撮影しました。F値の変化によるぼけと「撮影距離」や「背景までの距離」について説明しています。ぼけを撮影に加えて撮影の幅を広げてみましょう。
0.すべて

ぼかした写真の撮影や機材についてのご説明

みなさんぼかす撮影をしてみたいですよね。とても被写体が浮き立ちます。機材や設定など撮影方法も気になりますよね。標準のキットレンズでもぼかした撮影ができます。まずは撮影のしかたから見ていきましょう。F値が小さいレンズを購入する前に見ていただけるとうれしいです。
0.すべて

とてもきれいな青い空を撮影してみましょう

写真撮影をしているときれいな青空になることがあります。空を青く表現できる撮影方法をメインとして、レンズやフィルターでも表現することができます。青空を表現できると写真撮影楽しくなりますね。被写体をよく見せるため青空を表現できるようにしてみましょう。