レンズの知識

0.すべて

ぐるぐるぼけが発生する非点収差

レンズの収差として知られるザイデルの5収差のうちの非点収差です。最近のレンズではほとんど発生しませんが古いレンズや海外製のコピーレンズでは発生するものがあります。斜めからの光が周辺部からレンズに入ると発生します。ぐるぐるぼけが特徴ですがそれも大切な画作りです。
0.すべて

レンズフードの必要性と使用時の注意点

レンズフードを使ったほうが良いかと聞かれたら必須と答えます。でもかさばってしまうことや無くても気にしないと思っている方々は必要ないと思われるでしょう。撮影をする時おすすめは装着です。レンズフードがレンズを守ってくれることもあります。
0.すべて

APS-C用のレンズをフルサイズで使用

APS-Cのカメラで撮影をはじめてフルサイズのカメラが欲しくなるかもしれません。通常フルサイズのカメラにはフルサイズ用のレンズを使いますがレンズの追加も大変ですね。そんなときAPS-Cのときに使っていたレンズを使えるかもしれません。
0.すべて

生産を終了したレンズのことについて

生産終了したレンズはどうでしょう。後続品があるなら見劣りすることもあります。しかし、モデル末期のためとても安い値段で手に入れることができます。欲しいと思っていたレンズならぜひ購入を考えてみましょう。在庫も少なくなりますのでタイミング良く購入です。
0.すべて

中古レンズの購入についてのおすすめの方法

よい写真を撮るためにはいいレンズが欲しいです。新品では高額なときは中古レンズも視野に入れますね。しかし使ったことがないレンズなら少し購入を待つ必要もあります。よい販売店、よい写真の確認、状態が良さそうなレンズの把握も大切です。時間をかけて選べるといいですね。
0.すべて

実際のレンズのMTF曲線の解説

MTFのグラフの見かたを実際のレンズでご説明します。広角レンズ、標準レンズ、望遠レンズでMTFが大きくちがいますので画像サイトで写真を見ながらMTFを見てみるといいでしょう。所有のレンズのMTFと似たものを別のレンズで見たときにはイメージがつきやすいと思います。
0.すべて

レンズの性能をあらわすMTF曲線を知ってみましょう

レンズの性能をあらわすMTF曲線が読めるとレンズ選びに役に立ちます。レンズのホームページには必ずMTFのグラフが載っています。大切なグラフです。しかし、MTFだけですべての性能を知ることはできません。画像を見て写りや実操作などと合わせて活用しましょう。
0.すべて

明るい大口径レンズで起こりやすいフォーカスシフト

明るい大口径のレンズをしようしたときにピントが合わなかったことはあるでしょうか?それは時によりフォーカスシフトが原因かもしれません。F1.4などでは被写界深度が浅く的確にピントを合わせることもむずかしいですが対策を知っておくと必要なとき役にたつと思います。
0.すべて

光が集まる位置がずれる球面収差とレンズのご説明

みなさん球面収差をご存知ですか?レンズを通った光は場所により光の集まる場所が違うことをいいます。それが的確に補正されたレンズと淡い描写が残ったレンズどちらが好みでしょうか。実はどちらにも利点欠点はあります。作例などをみてレンズを選べるといいですね。
0.すべて

いろいろなレンズのニックネームの紹介

みなさんお手持ちのレンズや欲しいレンズにニックネームがあることを知っていますか?キットレンズもニックネームですね。焦点距離やF値からの名前や見た感じでつけられるものもあります。どこかで耳にするかもしれません。知っておくと楽しいですね。